<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3.11
 この度の東北地方太平洋沖地震にて被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりの方々にお悔やみ申し上げます。

私の住む千葉県北西部は震度6弱を記録し、私自身今までに体験したことのない揺れを感じました。
母と弟と実家におりましたが、各々自室の本棚を抑えるなどで精一杯。
沢山のものが落ちていく中、ぐるぐると気味悪く長い横揺れは何とも言えない感覚でした。
結果的に部屋の中の物が山ほど落ちてきたくらいで済みましたが、リビングでは食器棚からコップや飾っていたトロフィーなどが飛び出し、カラス戸が割れていました。
途中まで食器棚を抑えていた母は途中で諦めて避難したそうです。
良かった、たぶん立っていたであろう場所はガラスと落下物がいっぱいだったから。
都内に出かけていた祖母と父がその日は帰宅できませんでしたが、家に母が一人の時じゃなくて本当に良かったと思いました。

福島に住む友人とは無事に連絡が取れました。
家族全員無事と聞き、本当によかった。


10日以上経ってもまだ余震が続いているなんて思わなかった。
日本中が落ち着くのにはもう少し時間がかかるかもしれません。
こういうとき何が出来るんだろうと考えても、節電とか募金とか、そのくらいだった。
でも、当たり前の日常を取り戻すために、いつも通りの生活をするのも大事だと思った。
ちょっとずつでも、出来ることを。

一日も早い復興を願っています。




また、みんなで楽しく会えますように!

| sakura | - | comments(0) | trackbacks(0) | -

Comment










Trackback

URL → http://sakura.rosyheaven.com/trackback/1009318
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS